岡田斗司夫による宮崎アニメ評論の決定版『『風立ちぬ』を語る』、光文社新書より11/15発売!

11月 15th, 2013

「これは、美しいものを追ってしまう人間の、『罪』を描いた映画です」

宮崎駿監督の最新作にして、最後の長編作品となる『風立ちぬ』。興行収入が100億円を突破する一方で、作品内容については賛否が分かれます。
「二人の愛に感動した!」「あっけなくて何だかよくわからない……」「みんなタバコ吸い過ぎ!」
はたして宮崎駿監督は、この作品で何を描こうとしたのか?

光文社新書『『風立ちぬ』を語る 宮崎駿とスタジオジブリ、その軌跡と未来』では、岡田斗司夫が作品、人物の両面から『風立ちぬ』を読み解き、宮崎駿とジブリの実像に迫ります。

さらに、『カリオストロの城』を題材にした技法解説、宮崎駿・吾朗親子の確執、『借りぐらしのアリエッティ』に込められたジブリスタッフの意図、引退騒動の真相分析も必読です。

『『風立ちぬ』を語る 宮崎駿とスタジオジブリ、その軌跡と未来』は、11月15日、光文社新書より発売です。Kindle版の電子書籍も同時に発売されます。

【目次】
・プロローグ 人間・宮崎駿に迫る
・第一章 『風立ちぬ』を語る
・第二章 アニメ作家・宮崎駿のすごみ
・第三章 父と息子
・第四章 ジブリはどこに向かうのか
・第五章 『風たちぬ』への疑問に答える
・エピローグ 『風立ちぬ』と『火垂るの墓』、宮崎駿と高畑勲

Leave a Reply

Comments links could be nofollow free.