岡田斗司夫が7人の論客と徹底討論する『僕らの新しい道徳』発売です

8月 20th, 2013

いじめ、原発、スクールカースト、僕らの難問を解決するヒントは、「道徳」にある!

 不況での失職や上がり続ける未婚率、原発やエネルギー問題、学校でのいじめなど、いろんな変化が世の中のあちこちで起きています。
 安定していた社会から、変動する社会へ。この大きな変化に私たちはうまく対応できていません。
 合理性だけでは解決できないこれらの問題に、私たちはどう立ち向かえばいいのでしょう?
 それを解決するためのキーワードが、「道徳」です。
 道徳とは、いってみれば、非論理的な皮膚感覚についての共通認識。私たちは、こうした皮膚感覚を感情論として切り捨てて合理的になろうとした結果、どうにも身動きが取れなくなっています。それでは、今の社会に対して、道徳はどんな力を持ち得るのでしょうか?
 「道徳」をキーワードに、岡田斗司夫が7人の論客と日本の難題を徹底的に語り尽くす『僕らの新しい道徳』、8月20日発売です。
 ビンワードの山路が構成等を担当しました。

【タイトル】僕らの新しい道徳
【判型】四六判(188mm×130mm)
【仕様】ソフトカバー
【刊行日】2013年8月20日
【総ページ数】302ページ
【定価】本体1,600円+税
【出版社】朝日新聞出版

【目次】(抜粋)

第1章 自我 ??なぜ今、道徳なのか

・道徳のある人が「いい人」ではない

・僕たちの自我には不備がある

第2章 個人 ??現代の「ガンコオヤジ肯定論」
 vs. 高木新平(コンテクストデザイナー)

・なんで浮気しちゃいけないの?

・自分と相手の「痛み」を取り戻す

第3章 合理性 ??道徳を「損得」でとらえてみる

 vs. 古市憲寿(社会学者)
・スクールカーストは「原罪」か?

・道徳の教科書は『少年ジャンプ』でいい!

第4章 市民 ??”庶民”が”大衆”になりはてるとき

 vs. 小林よしのり(漫画家)

・匿名だと道徳は形成されないのか?

・社会の活力が増せば、共同体も再生される

第5章 共同体 ??不幸こそ分け合おう

 vs. 開沼博(社会学者)

・フクシマは、世界史に残る事件だ

・反原発と、キャバクラ説教おじさん

第6章 人間 ??社会で生きる”生物”としての人間論

 vs. 橘玲(作家)

・宝くじは愚か者に課せられた税金

・本当の自我など存在しない?

第7章 政治 ??閉塞感を破る鍵は、「オタク」と「ヤンキー」

 vs. 與那覇潤(歴史学者)

・日本国民=阪神ファン説!?

・ネットを活用した「新ムラ社会」

第8章 活動 ??アートとデモは社会を変えるか

 vs. 東浩紀(思想家)

・これからは「私塾」の時代

・25年後の「フクシマ」

第9章 夢 ??幸福のためには、嘘を信じなくてはならない

・自由民主主義は、エンシュア・リキッド

・道徳と倫理は矛盾する

Leave a Reply

Comments links could be nofollow free.