消費の起爆剤となるのは、ママと息子!? 『ママっ子男子とバブルママ』PHP新書より発売

5月 21st, 2016

今、30代以上の男性にとって、「マザコン」という言葉には、とてもネガティブなイメージがあるでしょう。母親と仲良く買い物をしているところを友だちに見られて恥ずかしかった……なんていう思い出のある人も多いのでは?
しかし、若い世代では母と息子の関係が大きく変わりつつあります。買い物をいっしょにするのは当たり前、恋やセックスの相談もすれば、二人きりで旅行にも行ってしまう。
当の本人たちはその関係を「恥ずかしい」と思うどころか、大いにエンジョイし、同世代の女子たちもそんな構図を好ましく思っています。
そして、この「母息子」セットの消費が、低迷が続く現代日本の経済の大きな起爆剤になる可能性さえ秘めている———。そう語るのは、『ヤンキー経済』の原田曜平。
旧来の偏屈な「マザコン批判」の呪縛を軽やかに乗り越えた母息子は、はたして日本にいかなる変化をもたらすのか?
『ママっ子男子とバブルママ』(PHP新書)
は、従来のネガティブなマザコンとは違う、新しい親子関係の魅力に迫ります!
山路は、構成を担当しました。

■目次
プロローグ:急増するママっ子男子
第1章:ママっ子男子のリアル
第2章:ママっ子男子を生み出した美魔女ママの肖像
第3章:ママっ子男子の母親は、息子たちをどう見ているか
第4章:母+息子消費が日本経済の起爆剤になる
エピローグ:社会的抑圧から解放された母息子は魅力的だ

Leave a Reply

Comments links could be nofollow free.